Skip to content

テレフォンダイレクト オススメ製品(クラウド型ゲートウェイ対策製品)

標的型サイバー攻撃 Office365のセキュリティ

今、何から対策すべきか クラウド型ゲートウェイ対策シリーズ

巧妙化する標的型サイバー攻撃対策すべき3つのポイントは?

メールフィルタを
回避手法が巧妙化
今最も利用される攻撃手段
Point.1 標的型メール攻撃対策
標的型メールやルール
だけでは守り切れない
機密情報漏えいへの対策強化
Point.2 Office 365セキュリティ強化
94%の不正プログラムは
Webから侵入する性質をもつもの※1※1 出展:2014年1月~3月トレンドマイクロ調べ
Point.3 Webアクセスリスク出入り口対策
Point.1 標的型メール攻撃対策 Trend Micro Hosted Email Security Point.2 Office 365セキュリティ強化 Trend Micro Cloud App Security Point.3 Webアクセスリスク出入り口対策 InterScan Web Security as a Service エンドポイントセキュリティ ウイルスバスター® ビジネスセキュリティサービス

3つのポイント

トレンドマイクロは3つのサービスをご提供 導入と運用の負荷が少ないクラウド型で対策

標的型メール ウイルス対策をすり抜ける 標的型メールへの対策

Trend Micro Hosted Email Security

この製品で可能な対策強化
サンドボックスによる不審ファイルと標的型メールの解析
未知の不正プログラムの駆除・削除 ※※全ての未知の不正プログラムに対応するものではありません
不審な添付ファイルのブロック
スパムメールの隔離
文書内に記載されたURLの解析まで対応

なぜ「標的型メール」の被害が多いのか

2015年に確認された標的型メールのうち、8割近くは送信者を実在の組織からのものに偽装。※2

差出人をお客さまや上司・同僚に偽装して不正ファイルや不正リンクを送ってくる攻撃手法が「なりすましメール」です。
攻撃者は事前にSNSなどを利用しターゲットの職務内容や人間関係等を調べた上で攻撃を仕掛けてきます。攻撃者が送ったメールの差出人がお客さまや上司となっており、さらにメール本文には社内スラングや略語など、関係者しか知らないような内容を盛り込むこともあります。
日々の業務の中でお客さまや上司から送られてきたメールを疑うのは非常に難しく、ターゲットはメールに添付された不正ファイルやメール本文に記載された不正URLから社内ネットワークへの侵入を許してしまいます。

※2 出展:トレンドマイクロ調べ2015年第2四半期 セキュリティラウンドアップより
https://www.trendmicro.co.jp/jp/about-us/press-releases/articles/20150818013824.html

Office 365 高度かつ未知攻撃※にも対応 Office365などクラウド型グループウェア環境のセキュリティ強化

※全ての未知の不正プログラムに対応するものではありません。

Trend Micro Cloud App Security

この製品で可能な対策強化
Exchange Online、SharePoint Online、OneDrive for Business向け対策強化
サンドボックスによる不審ファイルと標的型メールの解析
パターンファイルでは検知できない文書の脆弱性検知
メール本文、添付文書内、クラウド上に保存されているファイルの不正プログラムや不正 URL の検知と対応
マイナンバー対応を含む、国内環境への対応を施された個人情報漏えい対策

Office365とAPI簡単連携で機能強化ができます

Trend Micro Cloud App Securityの機能一覧

SharePoint/OneDrive for Business サンドボックス
DLP機能
ファイルタイプ検出
危険なURLの検査
不正プログラム対策
ドキュメントライブラリ内検査
Exchange Online サンドボックス
DLP機能
ファイルタイプ検出
危険なURLの検査
不正プログラム対策
スパムメール対策
メールボックス内検査

Microsoft Office 365 のAPI連携により、直接セキュリティに必要なデータのやりとりを行います。専用の管理サーバや、各パソコン端末へのソフトウェアインストールや設定変更が不要です。
ネットワーク設定を見なおす必要もありません。

Webアクセスリスク Webアクセスリスクへの出入り口対策

InterScan Web Security as a Service

この製品で可能な対策強化
クラウド上のWeb GateWayでモバイルユーザや地方/海外拠点のユーザーのWeb利用を社内ユーザーと同じポリシーを適用
Webレピュテーション機能でネットワーク、端末から不正なサーバ、URLへの接続を遮断
遠隔操作ウイルスの操作用通信をブロック
お見積や購入のご相談は トレンドマイクロ テレフォンダイレクト法人専用 03-5334-3701
  • ※音声ガイダンス後「1」を選択
  • ※9:00~12:00 13:00~18:00 (年末年始、土日祝祭日を除く)

標的型攻撃対策もクラウド型だから簡単で、安心

  • メンテナンス不要 パターンファイルや製品のアップグレードが自動更新
  • 追加インフラコスト不要 専用サーバ不要だから、導入も運用コストも削減
  • 管理が簡単 複数拠点、社外利用も管理画面一つで一元管理

エンドポイントセキュリティもクラウド型で
管理負荷軽減しながら、総合対策を実現

ウイルスバスタービジネスセキュリティサービス

  • PC、サーバに必要なセキュリティ対策を実現
  • モバイル端末、USBのセキュリティ対策も充実

中・小規模向けビジネス(年商500億円未満)のもっとも主要なセキュリティ製品/サービスにおいて導入シェアNo1を獲得しています※3

※3 出典:ノークリサーチ 2014年9月「2014年版 中堅・中小企業のITアプリケーション利用実態と評価レポート」最も主要な製品/サービスを1つのみ回答する単一回答設問より。当社複数製品を含む。

トレンドマイクロの標的型攻撃対策の実力

標的型攻撃対策最優秀賞を受賞※4
セキュリティアワード2015法人向けセキュリティ顧客満足度調査において、標的型攻撃対策(ネットワーク・メール)の部導入、費用対効果、品質精度、トラブル対応、サポート、継続利用意向の各部門で最優秀を受賞しました。
Trend Micro Smart Protection Network
独自のクラウドインフラを活用して、世界中から膨大な量のセキュリティ脅威に関連するビッグデータを日々収集・分析し、常に最新の脅威に対するソリューションを迅速に提供しております。

※4 出展:株式会社イード http://www.iid.co.jp

お見積や購入のご相談は トレンドマイクロ テレフォンダイレクト
法人専用 03-5334-3701
  • ※音声ガイダンス後「1」を選択
  • ※9:00~12:00 13:00~18:00 (年末年始、土日祝祭日を除く)
注意:システム要件に記載されているOSの種類やハードディスク容量などは、OSのサポート終了、弊社製品の改良などの理由により、予告なく変更される場合があります。
最新の情報について弊社の「最新版ダウンロード」サイトにある最新のReadmeをご参照ください。